文月によせて…。

梅雨どきに美しく優雅に咲く紫陽花が雨に映え、
風情を感じさせる季節でもございます。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

開催に物議。

その『東京2020オリンピック』も

開会までいよいよあと22日となりました。

ウイルス感染が拡がらないように!

日本選手には、是非メダル奪取を!

そんな願いを込めて観戦したいと思います。

間もなく七夕がやってまいります。
芋の葉の露で墨を刷り、
願い事を短冊に綴るという七夕の習慣は、
江戸時代に形づくられたそうです。

七夕に文(短冊)を添えるので「文月」

という説があります。

天の川をわたって織り姫と彦星が一年に一度
この日にだけ会える物語は、
万葉の時代から歌にも詠まれ
千三百年を経た現代に至るまで、
私たちの共感を呼ぶ
最も親しまれている祭事ではないでしょうか。

この『トキワ日和』も毎月1日は、

その月を代表する風物詩の置き物を

写真で紹介させていただいております。

これまで7月はその「七夕」。

しかし、今月7月は私共にとりまして
本決算直前の最終月。

雨を望む私どもにとりましては「梅雨最中」

そこで、こんな名残惜しさを残した

6月、7月の置き物コラボは

いかがでしょうか(笑)

■ まだまだ続いてほしい梅雨・後ろに控える七夕 ■

 

入道雲が青空に沸き上がる夏への梅雨は入り口とか…。
蝉時雨や、眩しい陽射しの季節が間もなくやってまいりますが、
私どもにとりましては、まだまだ梅雨明け前。

どうぞお身体にお気を付けてお過ごし下さいませ。
それではごきげんよう…。