水無月によせて…。

新型コロナウイルス感染拡大による
政府の「緊急事態宣言」も

私どものお膝元東京都では、

都内全域を対象に6月20日までの

再延長が決まりました。

ワクチン接種も大規模接種センターや各自治体で

進んでいるとは言え、

全ての人々に行き渡るまでには、

今しばらくの時間が必要とされる状態です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今月6月は日本を代表する季節「梅雨」を迎えます。
今年は九州、四国、中国、近畿では、

例年より20日前後も早く、

既に梅雨入りしました。

さて、今月6月の古名は「水無月」。
水(雨)があっても何故か?「水無月」。

私どもトキワでは、

神奈川県伊勢原市に雨の神様が奉ってある

「大山阿夫利神社」(別名:雨降山)へ

「雨乞い」の参拝をするという、

もう60年以上も続いている

恒例行事がございます。
しかしながら現在は、

他府県への移動自粛要請から
昨年に続き本年もこの行事は

延期としました。

例年であればその神様に、
今年の梅雨が「多雨長雨」で

ありますようにと、
祈願に参るところですが…、
今年は、どのような梅雨になるのでしょうか?

弊社にとっては、そんな待望の季節も
皆様方にはジメジメうっとおしい季節、
どうぞご自愛下さい。

それではまた…。