霜月によせて…。

秋たけなわの今、そして11月はシ-ズンをしめくくるに相応しい楽しさを感じさせます。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 

早いものですね。
今年の月めくりカレンダ-も残すところあと2枚。
年頭に掲げた目標の未達成を今一度確認し、最後の追い込み…と思う今日この頃です。

 

今月の15日は七五三です。

 

「七五三」、子供が成長する節々で災厄から抵抗力をつける歳祝いとして、古くから人々に受け継がれてまいりました。

 

「七五三」が11月15日にお祝いされるきっかけとなったのは、三代将軍・家光の四男・徳松(後の五代将軍・綱吉) が病弱だったため、11月15日に日枝神社にとり行って以来と伝えられています。

 

江戸後期には帯、袴などで着飾り千歳飴を携えてのお宮詣りが広まり、現在の原形となったそうでございます。
今も盛んに行われている「七五三」、子供の成長と自立を願う気持ちは、古えも現在も変わりないのではないでしょうか。

 

ちなみに北海道の「七五三」は季節柄10月15日に行うそうです。

 

これから朝夕の冷気が深まり行く秋を感じさせ、紅葉の季節もすぐそこでございます。
どうぞお身体ご自愛下さいませ。

 

それでは又…。