history title5_c

沿革

1930年

昭和5年4月

東京都北区下十条にて雨合羽の製造・卸売業

「常盤防水布商会」を萩原重二が開業。

1940年

昭和15年


        (創業店舗)

昭和23年8月

東京都台東区上野に本社を移転。

1950年

昭和31年8月

法人組織として「常盤雨衣株式会社」を設立。
代表取締役に萩原博司就任。

1960年

昭和36年1月

代表取締役に萩原進就任。

昭和37年12月

本社ビル(常盤ビル)落成。

1970年

昭和49年12月

東京都北区浮間に倉庫及び従業員宿舎落成。

昭和52年3月

石川県野々市に縫製工場落成。

1980年

昭和56年1月

萩原進 東京雨衣協同組合理事長に就任。

昭和59年4月

(財)全日本交通安全協会より第76号推奨授与。

昭和60年10月

萩原進 東京都知事より東京都功労者表彰。

1990年

平成  2年9月

代表取締役に萩原重睦就任。
CIを導入、社名を「株式会社トキワ」に変更。
資本金を1000万円に増資。

平成  7年12月

チャリティゴルフを主催。
以後、20年間に亘り20回開催。

平成 9年4月

インターネット上にホームページ開設。

平成 9年6月

「FAMI-NET(ファミネット)」商標登録認可。

平成10年10月

萩原重睦 三笠宮妃殿下より日赤銀色有功章受章。

平成11年4月

「サイクルケース」にて特許第2908305号取得。

2000年

平成 12年1月

「出会いからネットワークへ」をコンセプトに社章
(シンボルマーク)を変更、商標登録認可。
萩原重睦 上野警察署より表彰。

平成12年10月

萩原重睦 日赤金色有功章受章。

平成13年2月

「雨先案内人」「レインナビゲーター」商標登録認可。

平成16年6月

萩原重睦 日本雨衣連合会会長に就任。

平成17年8月

千代田区外神田に本社を移転。
赤羽物流センタ-開設。

2010年

平成22年2月

日本赤十字社東京都支部へ
「創業80周年記念特別社資」を寄付。

平成22年7月

萩原重睦「東京都日赤紺綬有功会」副会長に就任。

平成28年2月

萩原重睦「日本赤十字社」代議員に就任。

平成29年3月

「雨の日快適宣言」商標登録認可。